後悔・失敗しない転職をするために

こんばんは、カズです。今日は『転職』についてお話したいと思います。皆さんは転職経験はありますか?今の時代、新卒で入社した会社で定年まで働き続けることの方が珍しい時代になっています。一つの会社にずっと居続けるより転職を経験した方がスキルアップに繋がるし、色々な考え方や仕事の進め方を学ぶことが出来ます。私自身も約半年前に転職しました。私の場合は、新卒から入社した会社に10年勤めてからの転職でしたのでかなり悩みました。また30代半ばでもあり、家族もいるので不安で押しつぶされそうでした。前ほどではありませんが今もこの転職が正解だったのか、失敗だったのか不安に駆られる時があります。転職は一歩間違えば今より酷い環境に陥る可能性もあります。これからお話する内容が現在転職しようか迷っている人達にとって少しでも決断の材料になれば幸いです。




目次
1.転職をした方がいい人とそうでない人
2.転職のメリット・デメリット
3.転職後のストレス(経験談)
4.まとめ

1.転職をした方がいい人とそうでない人

皆さんが転職をする理由は何ですか?この理由によって転職をした方がいいのかそれとも今の会社にとどまるべきなのかが見えてきます。

ⅰ)転職をした方がいい人

今の仕事に満足しておらず、さらにキャリアアップを図りたいなど前向きな理由がある人は転職をした方がいいと思います。仕事に対し向上意欲があるため、きちんと転職先の仕事内容を理解し、自分の求める仕事であると見極めることが出来れば転職に成功し易いでしょう。その他、現職場でパワハラ・セクハラなどを受けているもしくは人間関係が自分に合わずにストレスを感じている人も転職を考えてもいいのではないかと思います。無理をして今の職場に居続けたとしても、何も変わらないし、他人を変えることは出来ません。精神的なストレスによりうつ病などを発病してしまう恐れがあるため自分を守る意味で早い段階で今の職場を離れるのもありだと思います。まとめると、前向きな理由がある人や精神的にダメージがある人は今の職場を離れてみるのも悪くありません。

ⅱ)転職をしない方がいい人

一方で転職をするべきではない人もいます。そういった人達は後ろ向きな理由を持っている人達が多いです。例えば、給料が安いなどの理由が挙げられます。給料は高いに越したことはありませんが、高ければ良いのでしょうか?給料が高くても、今より激務であったり、休日が少なければ人によっては辛い仕事となるでしょう。いくら給料が高くても、ハードワークにより体を壊してしまっては意味がありません。現代はワークライフバランスを重視する時代です。転職する前に給与の額だけを見るのではなく仕事内容が自分に合っているか、また残業時間がどのくらいあるのか、年間休日日数はいくらかなど、業務内容・福利厚生面にも目を向けてみましょう。その他、単純に仕事がつまらないからという理由で転職を考えるのは少し待ちましょう。「つまらない」のは今だけかもしれません。つまらない中に何か面白いことを発見出来るかもしれません。暫く辛抱して働いてみるのも一つの考え方です。それでもつまらないのであれば社内で部署異動することもアリだと思います。転職はリスクを伴うため、社内で何とかなるのであれば社内で何とかする方が無難でしょう。

2.転職のメリット・デメリット

転職はリスクを伴うため、余程現状に満足出来ないか、さらにキャリアアップを目指したいという向上心がある場合に限り考えてみる方がいいかもしれません。そんな転職にもメリットもあればデメリットもあります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ⅰ)メリット

・年収アップやより良い福利厚生を得られる可能性がある

転職では、現職以上に収入が上がることも珍しくありません。上手く求人を探していけば、現在と同じ仕事・同じ仕事量で大幅に給料が上がる場合もあります。私は転職により同じような仕事で月5万円ほど上がりました。それに伴い残業単価も増えます。また前職に比べ、健康保険料が安くなり、控除額も下がりました。保養所という社員がリフレッシュする場所も設けられています。このように求人の見つけ方次第で年収以外に福利厚生も充実する場合もあります。年収だけに囚われず、福利厚生にも目を向けることが重要です。

・職場環境が良くなる可能性がある

前職場でイヤだった人の顔をもう2度と見ることがなくなります。イヤだった仕事をしなくても済みます。職場環境が一新することで、ストレスが軽減されます。また今までの長時間労働が改善され、ワークライフバランスの面でも優位になるかもしれません。

・新しい考え方や仕事の仕方を学べる

一つの会社に居続けるとその会社のやり方・考え方が全てになってしまいます。会社が違えば当然、仕事のやり方や考え方なども変わってきます。新しい人との出会いもあるので、フレッシュな気持ちで色々な考え方を身につけることができ、人として成長出来ます

ⅱ)デメリット

先に述べておきますが、前述した「メリット」は転職先として選んだ会社によって、デメリットにもなり得ます。いざ入社してみると見た目は給料が上がっているように見えるが、明細を見てみると、給料が基本給+〇〇給という風に2分され(例えば月30万円だが基本給15万円+〇〇給15万円)、残業代やボーナスは基本給で計算されるため、かなり低くなるという事例もあります(私の前職がそうでした)。また残業も前職以上に多い会社かもしれません。聞きづらいかもしれませんがやはり事前にしっかりと転職先に聞いておくことが重要です。その他以下のようなデメリットも挙げられます。

・人間関係が一からになる

会社では、長年勤めれば勤める程人脈が作られ、努力次第では他部署にも名を売ることが出来ます。また日常的な仕事の出来や振舞い方などから信頼を勝ち取ることが出来ます。しかし転職してしまうと、あなたという人物は不確かな存在であり信頼どころか警戒されます。よそ者感が半端なく出てきてかなり居づらさを感じるかもしれません。特に中途採用を積極的に行っていない会社だとその感覚はより顕著に現れると思います。私の転職先も中途採用者が殆どいないような部署でしたので、よそ者感が半端なかったです。今でも周りがどう思っているか分かりませんが、自分ではよそ者感が拭い去れません。このように中途採用者は新卒と比べて「よそ者」扱いされる可能性があるのでそれに耐えつつ馴染んでいく努力をする覚悟が必要です。馴染みつつ仕事で実力をアピールし、信頼を一から築いていく必要があります。かなり骨の折れる作業ですが、コツコツ積み重ねるしかありません。少しずつ信頼を得て部署の一員である事を認めてもらうことが大事です。

・自分より年下の人が上司や先輩になる可能性もある

ある程度高齢で転職すると、自分より年下の人が上司や先輩になる可能性も大いにあります。下手をすれば今年入りたての新入社員にも敬語を使わなければなりません。前職で中堅社員で、部下や後輩を持っていた人であっても、転職先では新米です。プライドを捨てて自分が一番下っ端であることを認識する覚悟が必要です。

3.転職後のストレス(経験談)

転職は仕事内容、会社のルール、人間関係などが全く新しくなるため、精神的なストレスは大いにあると思います。ストレスの感じ方は様々ですが、私はもともと内気であまり人と接することが得意ではないのでかなりストレスを感じました。そして転職をしてもう半年になりますがまだストレスを感じています。よく転職後1~3ヶ月が一番ストレスを感じやすい時期だと言われますが、人によりけりです。割と人と打ち解けるのが早い人は1~3ヶ月で慣れるのかもしれませんが、私のように人見知りタイプの人はかなり時間がかかるのではないかと思います。また仕事の進め方や考え方が変わってくるのでそこに順応するまでは精神的にキツイと感じるかもしれません。嫌だ嫌だと思っていた前職の仕事の進め方や考え方は意外と体に染み付いているもので、転職先の会社でも「前の会社ではこうだったのに・・・」、「前の会社では許されていたことなのに・・・」など前職を懐かしみ、引きずってしまうことも多々あるかと思います。これは前職に何年間勤めていたかにも関係します。私の場合、10年間勤めてきた会社を辞めたので、転職後半年経った今でも引きずっています。このように、前職を嫌で辞めたにも関わらず、いざ転職すると自然と前職を美化しつつ転職先と比較してしまいます。これは前職に勤めていた年数が長ければ長いほど現れる現象だと思います。この現象が続く長さは人によりますが、大概は時間が解決してくれます。とりあえず辛抱してみましょう。それでもやはり前職が忘れられない時は、再転職を考える必要があるかもしれません。

あと、意外と通勤距離はストレスに大きく影響しています。私の場合、前職の通勤時間が片道10分程度でしたが、今では片道40分程度になりました。しかも通勤ラッシュにかかる道を通るため混雑しています。以前と比べて片道30分も長くかかり、そして混んでいるとなると、ストレス以外の何ものでもありません。帰りも帰宅ラッシュに巻き込まれるため大変です。

以上のように仕事内容に加えて通勤時間と混雑具合についても慎重に考えておく必要があります。

4.まとめ

以上のことから、転職にはメリットもあればデメリットもあることがお分かり頂けたと思います。また転職すべき人とそうでない人の2種類のタイプがいることもお分かり頂けたと思います。大切なのは自分が仕事をするにあたり何を重要視するかです。転職条件として譲れない「何か」を見つけ、それを必ず死守することが転職成功への秘訣だと思います。自分にとって譲れない「何か」を見極め、後悔のない転職活動を行ってください。最後まで読んで頂きありがとうございました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

初投稿!