頭が重い、何となく目の前がフワフワする原因③:自律神経の乱れ

こんばんは、カズです。暑さも若干ながら落ち着いてきたように感じるのは私だけでしょうか?(笑)今の時期は暦上、秋らしいです。まだまだ残暑も厳しいでしょうし、秋の気配はしばらく感じられそうにありませんが、あと一息です。熱中症に気をつけて何とか乗り切りたいものです。

 

「頭が重い、何となく目の前がフワフワする原因」シリーズ第3弾となります。今回はその原因として「自律神経の乱れ」を挙げさせて頂きました。自律神経とは何か?乱れるとどうなるのか?そしてその対処法とは?自律神経について知っていそうで知らないことも多いかもしれません。本題では自律神経について簡単に紐解いていこうと思います。




目次
1.自律神経と乱れ
2.自律神経が乱れる原因とその症状
3.自律神経の乱れを正常に戻すには?
4.まとめ

1.自律神経と乱れ

 

自律神経とは「交感神経」「副交感神経」という2つの神経で成り立っています。交感神経とは、「さあこれから勉強するぞ!」、「仕事を頑張るぞ!」、「出かけよう!」などなど、何か活動しようとすると活発に働き出す神経です。つまり、戦闘モードの時に活発になる神経です。一方、副交感神経は、寝ている時やゆっくりテレビを見ている時、お風呂でくつろいでいる時、家でゴロゴロしている時などリラックスしている時に活発になる神経です。これら2つのバランスが整っている時、つまり天秤の上にこれらの神経を乗せたと仮定したら、釣り合っている時、自律神経のバランスは良く、体調も好調な状態であると言えます。しかし、何らかの原因でこれら2つの神経を天秤に乗せた時、交感神経が重い時(交感神経優位)や副交感神経が重い時(副交感神経優位)もあります。つまり2つの神経のバランスが崩れている状態のことです。そのような状態が続くことによって、知らず知らずに、戦わなければいけない時にリラックスモードになったり、逆にリラックスしたいのに戦闘モードになることで肉体と精神が上手い具合にかみ合わず、体調を崩してしまいます

 

 

交感神経と副交感神経のセットで自律神経と呼ばれ、それら2つのバランスが崩れた時、自律神経に乱れが生じ、体のあちらこちらで不調を来たすようになるという訳です。

2.自律神経が乱れる原因とその症状

自律神経が乱れる原因はいくつかあります。疲れや精神的ストレス、睡眠不足、栄養不足、更年期障害等、誘発される要因は多岐に渡ります。その中でもやはり疲れや精神的ストレスは、自律神経が乱れる原因として多いのではないかと思います。

 

実際、私も仕事が忙しくなり、家庭を持ち、子供が出来、マイホームを購入したりと環境が激変した時は、体調不良の連続でした。胃腸炎やめまい、頭痛、吐き気・・・、色々な症状を経験しました。そして医者に診てもらった時の診断で、疲れやストレスによる自律神経の乱れだと言われました。ゆっくり休むように言われましたがなかなかそういう訳にもいかず・・・、という毎日でした。

 

このように自律神経が乱れてしまうと、私が経験したような、胃腸障害、めまい、頭痛、吐き気など体のあちらこちらに不調が現れます。その他にも、自律神経失調症、神経性胃炎、過敏性腸症候群、メニエール病、過呼吸など人によって症状の現れ方は様々で、多岐に渡ります。そして回復に時間がかかることも厄介です。

 

このような症状を引き起こさないためにも、疲れや精神的なストレスを溜め込まないように日頃から注意する必要があるのです。

3.自律神経の乱れを正常に戻すには?

自律神経の乱れを正常に戻すためには、日頃の生活習慣を見直すことが大事です。以下の点に注意してみましょう。

 

ⅰ)規則正しい生活をする

朝食を抜く、過度なダイエット、夜遅くまで起きている、睡眠時間が短い等、不規則な生活をしていると自律神経は乱れます。まずは規則正しい生活を心がけましょう。朝昼晩、食事はきちんと3回摂る、栄養バランスを考える、夜はしっかりと寝て睡眠時間は最低6時間は確保する、休みの日もダラダラしないなど生活習慣を見直してみましょう。規則正しい生活リズムが自律神経を整えてくれます。

 

ⅱ)運動をする

平日は仕事で忙しく、なかなか運動をする時間を作ることは難しいかもしれませんが、そんな人はお風呂上りに軽くストレッチをしてみては如何でしょうか。凝り固まった筋肉をほぐすことで1日の疲れをとり、ストレス解消に役立ち、自律神経を整えてくれます。また休日だけでもいいので軽い運動を取り入れてみましょう。30分くらい散歩をしてみたり、ジョギングをしてみたり何でもいいので少し汗ばむ程度の運動を心がけましょう。適度な運動は心地よい睡眠を促してくれます。良質な睡眠が体と心を癒してくれます。

 

ⅲ)趣味を見つける

仕事と家の往復だけでは人生がつまらないものになってしまいます。そこに価値を見出せなくなり、精神的にストレスを感じてしまい、自律神経が乱れることもあります。ゲームでもパズルでも何でもいいです。没頭出来る何かを見つけましょう。人間は、何か楽しみなことがあると、嫌なことでも頑張れます。その気持ちが人生にメリハリを与えてくれて、精神的なストレスを和らげ、自律神経を整えてくれます。

以上のように、生活習慣を今一度見直すことが自律神経を整える大きな一歩になるのです。

4.まとめ

自律神経は体の至る所と密接に関係しています。体調の良し悪しは自律神経にかかっていると言っても過言ではありません。それだけ密接に繋がっているのです。現代はストレス社会です。一歩外に出るとストレスの嵐です。ストレスを取り除くことが難しいのであれば、ストレスを溜め込まない努力をしましょう。そのためにも規則正しい生活、適度な運動、適度な睡眠は重要です。生活習慣を見直して自律神経を整え、ストレスに強い体作りをしましょう!

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA