自分の悩みや弱さを表現することも大事?

こんばんは、カズです。もう10月がやってきましたが、なかなか涼しくなりませんね(汗)それに加えて、台風がやってきたり、大雨が降ったりで異常気象が続いています・・・。異常気象による災害が増えてきています。私達一人一人が防災意識を高めていかなければならない時代かもしれませんね。




今日のテーマは「悩みと弱さ」です。人は誰しも悩みや弱い部分を持っています。どんなに頭の良い人でも、どんなに仕事が出来る人でも、大きな会社の社長でも全ての人が「不完全」であり、悩みや弱さを持って生きています。それらとどう向き合って日々生きていくかによって、人生が楽しいものになるのか、はたまた悲しいものになるのかが決まっていくものだと言っても過言ではありません。今回は、「悩みや弱さ」との向き合い方について書いていこうと思います。

 

・悩みや弱さは発信すべき!

人それぞれかもしれませんが、自分の弱い部分を見せたくない人もいます。私自身もそうです。人によく見られたいがために、悩みは打ち明けないし、自分の弱い部分は見せたくありません。分からないことを素直に分からないと言えない、辛いのに辛いことを伝えることが出来ない、不平不満を言うことが恥ずかしいと感じ、言うことが出来ない等々、たくさんあります。自分の強みなんてないのではないだろうか?と思うくらい弱いです(笑)そして悩みや弱さを隠すことに集中するあまり疲れてしまいます・・・(汗)そうなんです・・・、悩みや弱さを隠しながら生きることはかなり疲れるんです!

 

それとは対称的に、自分のことを恥ずかしがらずに他人に発信出来る人もいます。私は、こういう人達を見ると、「この人は自分のことを素直に表現出来てすごい、羨ましい」と思ってしまいます。

 

先日、私は記事「その不調、心の病の前兆かも!?大切なのは早めの相談!」でも書いたように、自分の今の症状と会社での人間関係や仕事上の悩みについて、上司に思い切って伝えてみました。これ以上自分の中で溜め込みながら仕事で負荷をかけ続けると潰れてしまいそうで怖かったからです。そんな感覚に陥ったことは初めてでした。きっとそこまで追い込まれていたのでしょう・・・。

 

上司から、今後の仕事の方針や会社での過ごし方など色々とアドバイスを貰いました。正直、今回の上司のアドバイスは私にとっては参考になるべきものではなかったし、何かが変わるきっかけにはなりませんでした。しかし、何となく心がスッキリしたような感覚を覚えました。その理由はおそらく、今自分が置かれている状況や弱い部分を伝えることができ、それを知っている人がいるという安心感から来たものだと思います。

 

・不満やストレスは他人に吐き出すことで緩和される

不満や愚痴は吐き出すことでスッキリすると言われますが、これは本当ですね。自分の考え方や感情を他人と共有出来たという達成感から生まれてくる感覚なのではないかと考えています。

 

不満やストレスは自分の中で解決出来る時もあれば解決出来ない時もあります。他人に相談しても解決出来ない時だってあります。同じ解決出来ない問題であっても、孤独に戦うよりは仲間と共に戦う方が負担が減り、時に楽しいものです。オンラインゲームでもよくありますが、ソロプレイで勝てない敵でも、何人かで組んで知恵を出し合って立ち向かう方が、結果、勝てなくても楽しいものです(笑)

 

要するに、悩みや弱さは自分の中で溜め込まずに、周囲の人にシェアすることでたとえ根本的な解決に至らなくとも、負担は減るものなのです。

 

悩みや弱い自分を、他人に見せることはなかなか難しいことではありますが、誰か一人でもいいので打ち明けられる人を見つけることが大事なのではないかと思います。そしてそれをお互いにシェアし、知っている人がいるという事実があることこそが心の負担を和らげてくれます。心と身体を健康に保つためには、溜め込まず吐き出すことが大事です!皆さんも、悩みやストレスそして自分の弱い部分を積極的に外に吐き出して、溜め込まないような努力をしてみては如何でしょうか。時には心を休ませてあげることも大事です!

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA