出戻り転職をした夢を見て思ったこと

こんばんは、カズです。秋も深まり、一日を通して過ごしやすい日々が続いています。その反面、季節の変わり目ということで、風邪を引きやすい時期でもあります。そしてインフルエンザが流行る時期がやって来ました・・・。十分な予防が必要ですね!




さて今日は最近私が見た夢について語ろうかと思います。どんな夢を見たかといいますと、前職に返り咲いた、いわゆる出戻り転職」をした夢です(笑)今までも、前職の同僚と仕事をしたり、遊びに行ったりと、後悔と未練満載の夢を見たことが多々あります(笑)夢にまで見るくらい後悔しているなら転職なんてしなければよかったのに・・・と、思われても仕方ないですね(汗)しかし、前職にいた頃は、その状況が嫌だったし、年収も上げたいし、今よりもっと良い環境で仕事をしたいと思う一心で、盲目状態でした。恋は盲目という言葉がありますが、転職も盲目です(笑)転職を考えている人は、今一度、本当に今転職すべき状態か?もう少し辛抱すれば何か解決できるのではないか?色々な角度から再考することをお勧めします。転職すると人間関係も一からで、自分が一番下っ端になります。ある程度の覚悟が必要だと思っておいた方が良いでしょう。

 

しかし、今回見た夢は少し何かが違っていました。今までは、「前職に戻りたい」という気持ちから見た夢ですが、今回は「前職に戻って後悔した」ような気持ちになった夢でした。どういった所が後悔した点になったのか、夢の断片ですがご紹介したいと思います。

 

1.懐かしく慣れた人達なのになぜか気まずい

夢の中の私は、晴れて懐かしの古巣、前職に戻ることが出来ました。新卒から10年間勤めた部署に再配属され、懐かしい同僚と再び仕事をすることになった安心感に満たされているようでした。

 

しかし、何かが違うことに気付きました・・・。そう、かつての同僚達が私を見る「目」です。同僚達からすると私は、一度外に飛び出した裏切り者のような存在です。そんな人間が外での経験が合わずに、尻尾をまいて逃げ帰ってきたというような「目」です。もちろん全ての人がそういう捉え方をする人だとは思いませんが、そう捉える人も少なからずいると思いますし、ウワサ話として流れていく可能性だってあります。そのような「目」にさらされながら、仕事をし続けることに何か苦痛というか居心地の悪さのようなものを覚えました。

 

さらに、自分がいなかった期間にその職場でも新入社員や派遣社員など、新しく入ってきた人達がいると思います。その人達にとっては、私は後輩です・・・。先輩風を吹かせるわけにもいきませんし、仮に先輩ヅラをしても、彼らは良くは思わないでしょう。人間関係が何となくチグハグになってしまいます。

 

出戻り転職をするということは、必ずしも人間関係が元通りになるという補償は全くなく、むしろより厳しい目で見られるという覚悟をしておいた方が良いでしょう。

 

2.結局嫌だった環境に戻っただけだと気付く

なぜその職場を去ったのか?その理由は人により色々あると思いますが、私の場合は、長時間労働や人間関係、年収、仕事の方向性などいくつか理由が挙げられます。それらを解決するために転職をしましたが、転職先で上手く行かずに、再び前職に戻ったとしても、結局はかつての自分が嫌だった環境に戻るだけなのです・・・。職場の方向性や雰囲気、社風というものは数年でそうそう変わるものではありません。十年、数十年という長い時間をかけ、世間の流れが変わり、そして新しい人がリーダーになるといういくつかの条件が重なり合うことで少しずつ変化していくものです。

 

夢の中の私は、長年勤め、慣れた雰囲気の職場に戻れて安心していましたが、結局何も変わっていない職場で前と同じような部分に嫌気が差している自分がいることに気付きました。

 

前職に戻るということは慣れた環境に帰れる代わりに何の前進もない過去に帰るということなのかもしれません・・・。

 

3.年収が下がるという場面に直面することへの落胆

転職をする理由の一つに年収アップが挙げられます。私の場合は、恐らく年収ベースで見ると、100万くらいはアップしていると思います。通勤は苦痛ですが、給与面では満足しています。収入が増えると、人生の幸福度は上がります。自分のお小遣いが増えたり、高級車に乗れたり、高い時計を身につけることが出来たりと可能性は広がっていきます。現に私も、お小遣いが増えた他に、家の庭を改造したり、車を一括購入したりと収入アップの恩恵を受けています。通勤は苦痛ですが・・・(笑)

 

ところが、前職に戻ってしまうと、年収は昔に戻ってしまいます・・・。それどころか、勤続年数の兼ね合いからもっと下がってしまう可能性だってあります。そうなると家族も困りますし、自分のお小遣いも当然減ります。結局仕事環境だけでなく、自らの生活スタイルまでも過去に戻ってしまいます

 

一旦生活スタイルなどのランクを上げてしまうと、なかなかランクを落とすことは難しいです。年収が下がるということは、予想以上に、精神的にも厳しいものになるかと思います。夢の中の私も、あれも出来なくなる・・・、これも出来なくなる・・・、節約しないとダメだ・・・と悲観的になっていました(泣)

 

4.最後に・・・

転職先で上手くいかない時、どうしても前の職場に帰りたくなってしまうものです。転職しなければ良かった・・・という絶望感と後悔から前の職場が素晴らしいほど美化されてしまいます(笑)隣の芝生は青いという言葉がありますがまさにその通りです。転職をしてもうすぐ1年になりますが、戻れるものなら戻りたい・・・と常々思っていました。しかし、今回、いつもと違った感じの夢を見ることで少し前向きになれたような気もします。

 

夢という曖昧なものですが、そこから私は「出戻り転職をするメリットはあまりない」と結論付けました。理由は上に書いたとおりです。結局、慣れない今の環境にストレスを感じるあまり、前の職場の方が良かったという錯覚に陥っているだけなのかもしれません。夢から覚めた時、私はこう思いました「夢で良かった・・・」そう思えるようになったということは、今の会社に少しずつ適応し始めている証なのかもしれないですね。

 

そういう訳で、私はこれから転職先の職場で骨を埋める気持ちで頑張ろうと思います!とはさらさら思っていません(笑)過去を振り返ることをやめただけで、今後については色々と考えていこうと思っています。考えることは疲れるし苦しいことですが、楽しいです。自分の頭の中で無限に選択肢を作ることが出来ますから(笑)そこから自分で選んだ道を少しずつ形にしていくのです。失敗するか成功するか頓挫するかは分かりませんが、私にとっては、サラリーマンとして、ひたすら黙々と仕事をするよりは有意義な時間を過ごせるのではないかと思っています。

 

転職を後悔している人も多いかと思います。かと言って、出戻り転職をしても、過去に戻るだけで何も解決しません。なりたい自分に向かって前向きに少しずつ形を作っていきましょう!私もまだまだ途中です(笑)

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA