残業をする人としない人、その差って・・・?

こんばんは、カズです。秋を通り越してだんだん寒くなってきましたね(汗)気温の変化が急過ぎて体がついていかないです・・・。この時期が一番風邪を引きやすい時期です。インフルエンザもそろそろ流行ってくるようなので、予防接種を受けるなりして、早めの対策をしておいた方が良さそうですね!




さて、皆さん、仕事は定時に帰れていますか?それとも残業残業の日々ですか?はたまた、帰らない人達に合わせて仕方なく残業しているタイプですか?今日は残業について私なりの考えを書き連ねていこうと思います。

目次
1.はじめに
2.残業をする人としない人は何が違うのか?
3.まとめ

1.はじめに

皆さんは、好きで残業をしていますか?おそらく殆どの人は仕方なくしていると答えるでしょう。その理由としては、単純に定時に仕事が終わらない、生活のため(いわゆる生活残業)、周りが帰らないから帰りづらく仕方なく残業しているなど色々あると思います。もちろん、仕事が好きで好きでたまらなくて、時間を忘れるほど没頭しているという羨ましい限りの人もいるでしょう。しかしそのような人はほんの一握りです。殆どの人は仕方なく残業をしているといってもよいでしょう。

 

しかし、それとは反対に、残業をしない人たちもいます。何が何でも定時退社をするという人もいるようです。いつも同じような顔ぶれが遅くまで残って仕事をし、同じような人が定時もしくは比較的早い時間に帰る・・・、どこの会社でも何となくこの2パターンに分かれてくると思います。私はといいますと、仕事はさっさと終わらせて早く帰りたい派です(笑)遅くまで仕事をする事が美徳とされる時代は終焉を迎えようとしていますが、まだまだ働く日本のサラリーマンの心の奥底では根強く残っているような気がします。定時でさっさと帰る人は仕事をしていないとかやる気がないとか、はっきりとは言いませんが、何となくそういう空気を醸し出している感じも否めません。日々、気まずい空気の中、「お先に失礼します・・・」と申し訳なさそうに言いながら帰っている自分がいます。

 

しかし、最近、日常的に残業をしている人は本当に仕事が多いのだろうか・・・?定時で帰っている人は本当にやる気がないのだろうか?仕事量が少ないのだろうか?と疑問を持ち始めました。両者には何か決定的な違いがあるのではないだろうかと考え始めました。それを考えたところで何かが解決するという訳ではないのかもしれませんが、自分の中で何か違いを見つけられるかどうかで今後の仕事に対する向き合い方や仕事の進め方に大きく影響するのではないかと考えています。

 

2.残業をする人としない人は何が違うのか?

では、残業を日常的にしている人としない人は何が違うのでしょうか?私は両者の違いについて一つの答えに辿り着きました。両者の違い、それは「時間に対する価値観の違い」だと考えています。

 

時間は万人、平等に1日24時間与えられています。時間をどう使おうがその人次第です。1日中寝るもよし、忙しく動き回るもよし、何もせずボーっとするもよしです。時間は使う人によって有意義なものにもなるし、無駄なものにもなります。

 

では残業を日常的にする人としない人では時間に対する価値観はどう違っているのでしょうか?私は、残業をする人は「時間は無限」と考えており、残業をしない人は「時間は有限」と考えていのではないかと思っています。意識的にそう思っていなくても、無意識のうちにそう感じているのです。

 

残業をする人は、確かに仕事量が圧倒的に多い、人手不足など物理的にどうしようもない場合もあるかもしれませんが、時間はいっぱいあるし、時間さえかければ何とかなるという気持ちが根底にあるため、日常的に残業をし、それが習慣となり、結果として仕事効率が悪くなり、ダラダラ仕事をしてしまうことになるのです。一方、残業をしない人は、時間は限られたものであるという考えが根底にあるため、時間のロスや無駄なことを嫌います。その結果、如何にして時間を節約する事が出来るのか?如何にして速く仕事を終わらせる事が出来るのか?について常に考えています。そうしていくうちに、時間短縮の術を独自に身に付け、メリハリのあるワークライフを形成することが出来ます

 

仕事を速く回す能力や効率化を考える能力を身につけられる人は、残業をしない人です。このような人達こそ、将来的にキャリアアップをし、仕事でもプライベートでも成功しやすい人だと思っています。一見、長時間労働をしている人の方がたくさん仕事をして、頑張っているように見えますが、フタを開けてみると実は大したことはしていない・・・なんてことはよくあります(笑)

 

3.まとめ

以上のように、残業を日常的にする人としない人の差は、「時間は無限にある」と考えているか「時間は有限なもの」と考えているかの違いだと思っています。

 

私個人的には、時間はお金より大事なものだと思っています。時間はお金では買えないですからね(汗)そのため、残業をすることが自分の貴重な時間を仕事に奪われているように感じてしまうため、あまりしたいとは思いません。

 

残業している人を非難するつもりはありませんが、人生は一度きりですし、自分のために使える時間はさらに限られてしまいます。有意義な人生を送るためにも、仕事は常に効率化を図ることが大切であり、それは必ず自身のキャリアアップなどの糧になると信じています。個人個人が、そういった意識付けをしていくことで、働き方も徐々に明るい方向に変化していき、日本の未来は少しは明るくなるのかもしれませんね(笑)

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA