仕事で追い込まれたら、一人で抱え込まずに誰かに相談することが大事!

こんばんは、カズです。インフルエンザの予防接種を受けよう受けよう思いながらもとうとう受けずにここまで来てしまいました(汗)もう病院でもワクチンが少なくなってきているようです。ここまで来たら、もう今年は何とか耐えようかと思ってきました(笑)




さて、皆さんは日頃からどのように仕事に取り組まれていますか?私は子供の頃から引っ込み思案で、自分より他人を優先してしまうタイプです。子供の時からの性格は変わらないもので、大人になっても同じような感じです。頼まれると嫌とは言えず、そして誰かに頼むことも出来ず、仕事を抱え込んでしまいます。そして最後は自らパンクしてしまうのです。現在、仕事で色々ありまして、軽いうつ状態だと今年の秋あたりから受診している心療内科の先生に言われています。精神的に追い込まれてしまうと人は病んでしまいます。今日は、仕事に追い込まれるとはどんな状態なのか?そして追い込まれた時どうすべきか?についてご説明したいと思います。

目次
1.仕事で追い込まれるとはどんな状態!?
2.一人で抱え込まないことが大事
3.まとめ

1.仕事で追い込まれるとはどんな状態!?

追い込まれると一言で言っても、その過程は様々です。仕事をいっぱい言われて首が回らない状態になって追い込まれたり、上司や先輩にガンガン嫌味や叱責を受けて追い込まれたり、自分にとって意味の分からない苦痛な仕事、つまり自分に合っていない仕事を振られることで追い込まれたりと様々です。そして私は今、色々な慣れない仕事をいっぱい振られつつ、どうしても好きになれない苦痛な仕事をさせられています。精神的にかなり追い込まれている感があります(汗)絶賛追い込まれ中の私ですが、現在どのような状態になっているのかご説明したいと思います。

 

①眠れなくなる

仕事に追い込まれてしまうと、そのことが常に頭の中に潜在的に刻み込まれてしまいます。そうなると明日のこと、明後日のこと、来週のこと、ひいては将来的なことについて否定的に考えてしまい、楽しいことが考えられなくなります。そして、夜も一旦は眠りに落ちますが、とても浅い眠りで、夜中に起きてしまい、そこから明日のことや今後のことについて否定的かつ深く考え込み、結局朝まで眠れず、疲れが取れない状態でまた仕事に向かうことになってしまいます。そのような日々が続くことで、不安やストレスそして疲労がますます溜まり、心身ともに疲弊してしまいます。ひどい人は、夜全く眠れなくなってしまう人もいます。

 

②休日が楽しめない

前述したとおり、仕事に追い込まれると仕事の事が頭から離れなくなり不安やストレスが溜まりがちになってしまいます。おかげでせっかくの休日も、頭の片隅で仕事の事を考えてしまい、心の底から楽しめなくなります。そして日曜の夜には「明日から仕事、憂鬱だなあ・・・」という「サザエさん症候群」と世間で呼ばれている憂鬱な気持ちのさらに強い版のようなものが自分に降りかかってきて、不安に駆られてしまいます。貴重な休日までもがこんな気持ちで台無しにされるのでたまったものではありません(泣)

 

③仕事に行きたくなくなる/行けなくなる

あれもこれもしなければならない、今週中に仕上げなければならないものがあるなど、仕事に義務感と責任感を持つことは大事ですが持ち過ぎると、精神的に追い込まれやすくなり疲弊してしまいます。そのような日々が続くとある日突然、会社に行きたくない、行きたくても体が重くて動かずに行けないという状況になってしまう可能性もあります。単なる身体的な疲労であれば2、3日ゆっくり過ごせば回復する場合もありますが、中には、うつ状態やうつ病などの精神的な病が潜んでいる場合もあります。会社に行きたくないと思う時もありますが、ひどくなると行けなくなってしまうこともありますので要注意です。早めに心療内科などを受診することをお勧めします。

 

2.一人で抱え込まないことが大事

記事「その不調、心の病の前兆かも!?大切なのは早めの相談!」でもご紹介しましたが、やはり自分を守るためには自分一人で抱え込まないことが大事です。一人で抱え込み、一人で悩み、一人で解決しようとすることは想像以上に心身ともに疲れてしまうものです。会社に相談室があればそこに相談してもいいし、人事部でも所属部署の上司でも、同僚でも誰でもいいのでとにかく自分が相談しやすい相手に相談することが大事です。相談することで自分にとって事が良い方向に向かうこともあるし、何より第三者に自分の状況を知ってもらうことで精神的負担を軽減できます。自分が今、どんな状況でどんなことに悩みを抱え、困っているのか・・・それを把握し、改善していくことも社員を抱える会社や上司の役目です。一人で抱え込まず、大いに相談し、自分を守りましょう!

 

3.まとめ

仕事でも家庭でもそうですが、悩みは付き物です。その悩みが軽微なものなのかもしくは重大なものなのかにもよりますがどちらにしてもやはり一人で抱え込むことは心身共に良くないことです。とにかく第三者に自分の状況を共有してもらうことが大切です。直接会話をすることに抵抗があるなら、メールでもいいと思います。少しの勇気を持って自分から悩みを発信していくことが健康な毎日を過ごしていく第一歩だと感じています。

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA