転職後悔からはや1年、現状と今後について考える

こんにちは、カズです。もうすぐ1年も終わりますね!年末は仕事も家庭も何かと忙しい時期です。そして忘年会もありますね(泣)今時の若者は極力忘年会に参加したくないようです。そんな若者を引き止めるために様々な企業で色々な忘年会の形式を考えているようです。お昼休みに忘年会をしたり、リモート忘年会(テレビ会議のように忘年会をする?)をしたりと自分の時間を大切にしたい若者のことを考えての策略のようです。確かに忘年会は面倒ですよね・・・。高いお金を払って、一緒にいたくない人たちと飲み食いをするというのも何だか損をしているような気がします。若者の気持ち、よく分かります!(笑)そんなこんなで忙しい年末ですが健康に気をつけて乗り切っていきましょう!




さて、私は転職後、後悔しながら仕事を続け、はや1年になります。相変わらず転職しなければよかったという思いを胸に、通勤ストレスも抱えながら神経をすり減らす日々を送っています。今日はそんな思いを抱えながら転職1年を経過した私の現状と今後について語ろうかと思います。

目次
1.気持ちは闇に落ちていく一方だった
2.そして休職へ追い込まれた
3.今後について

1.気持ちは闇に落ちていく一方だった

転職して感じ始めた違和感というものは人により3ヶ月程度で消える人もいれば、半年から1年かかる人もいます。また、いつまで経っても消えない人もいます。逆に違和感自体感じない人もいます。人それぞれです。私の場合は最初から違和感があり、それは徐々に薄れていくどころか次第に強まっているように感じました。仕事環境と仕事内容に順応することが出来ず、日増しにストレスを感じるようになりました。また通勤距離が前職と比較して大幅に増えたことと行き帰りの渋滞によるストレスも次第に増し、転職をしたことに何一つメリットを感じなくなってしまいました。年収はかなり上がったのですが、その分、自分の生活の質が落ちた感じがして、その気持ちの方が勝り、メリットとして感じなくなってしまったのです。改めて自分が転職してはいけないタイプの人間、環境変化に非常に弱い人間であることを実感しました。転職に向いている人もいれば向かない人もいるのです。そんな感じで、日々、気持ちがマイナスの方に傾き、次第に自分の心が闇に落ちていくのが目に見えて分かってきました。そうなると仕事が終わっても何も楽しめず、大好きな子供達とも心の底から一緒に楽しく遊んであげることも出来ず、悲しく悔しい気持ちでいっぱいになりました。夜は一旦は眠りに落ちても、朝方に目が覚め、仕事の事や今後の事について考え始め、不安になり、そのまま眠れずに仕事に向かうという日々が続きました。精神的にも肉体的にも沈んでいきました(泣)

 

2.そして休職へ追い込まれた

そんな気持ちを抱えながら仕事をすることに限界を感じ始め、記事「その不調、心の病の前兆かも!?大切なのは早めの相談!」でも書いたように会社の中にある健康管理センターや産業医に相談することにしました。その結果、やはり今の精神状態はかなり危険な状態なので一度心療内科で診てもらった方がいいという結論に至りました。そして心療内科では「うつ状態」という、うつ病の手前段階であると診断されました。なぜ自分が・・・という気持ちもありショックでしたが、この状態が普通ではないものだと客観的に分かったことは少し安心しました。

 

そういうこともあり、仕事もなかなか気が進まず、処理しきれず苦痛に感じることもあったので、自分の今の状態を上司に打ち明け、今抱えている仕事が負担であることを伝えました。上司も理解してくれ、私の持っている仕事の一部を軽減すると言ってくれました。しかし、ここまでは良かったのですが、後日、別の上司から「この業務が減った分、これを増やしてもいけますよね?」という心無い一言があったのです!しかも打ち明けた当の上司からも新たな業務を頼まれたのです!結果、軽減された業務以上のことが加算され、余計に負担になってしまった訳です・・・。本当に分かってくれているのかどうかも分からず、不信感に陥ってしまいました。上司のこの言動について愚痴れるような同僚もおらず、誰にも言えず悶々とする日々が続きました。そして、ついに現状の精神状態に加えて溢れる仕事に体がついていかず、会社に行く気が起こらず休みがちになってしまい、産業医と心療内科の主治医との相談のうえ、この12月半ばに休職することになってしまいました・・・。

 

3.今後について

という訳で、現在は自宅療養をしています(泣)最初は仕事から離れられる、嫌な人間関係から解放されるという安心感から少し元気になってきたような気がしましたが、時間が経つにつれて、世間から隔絶されたような感じというか取り残された感じというか何となく寂しさを覚えながら過ごしています。産業医や主治医からは仕事のことを忘れてゆっくりしましょうと言われましたがいざそういう場面に直面するとなかなか落ち着かないものです・・・。バリバリ仕事が出来る人を羨ましく感じでしまいます。

 

そんな気持ちもありますが今後について考えていかないといけないと色々と考えています。今自分に出来ることはとりあえずゆっくり休養を取り、気持ちを新たにすることだと思っています。また人事部には配置換えを希望しているため、復帰と同時に異動の可能性もあります。異動をしたところで通勤距離が短くなる訳ではありませんが所属が変わるだけでも気分的に変わる可能性もあります。一時は近場で再転職も考えましたが、年収や待遇面を考えるとリスクが高いと感じてしまいました。30代後半ともなると転職もなかなか難しくなってしまいますし、家族を困らせる訳にもいかないのでとりあえず今のところは会社に残る決断をしました。しかし、機が来たらサラリーマンを辞めて起業してやろうと思っています!根本的にはサラリーマンが大嫌いな人間ですから(笑)仮に復帰後、部署異動出来なくても、私は再び異動願いを出すつもりでいます。結構しつこいですから(笑)

 

とにかく今は体調を整え、今いる会社の中で自分の居場所を見つけることが最善だと感じました。この記事を読んでくださった人の中にも私と同じような境遇の人もいるかもしれません。20代ならまだ転職の可能性は大いにありますが、30代後半ともなるとなかなか難しいところでもあります。そうなるとやはり今の会社の中で自分の生きやすい場所を見つけることが自分にとっても周りの人にとっても今は最善のことになるのかもしれません。

 

本記事が何かのお役に立てれば幸いです。最後までご覧頂きありがとうございました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA