黒糖は栄養豊富!?白砂糖との違いは?

こんばんは、カズです。仕事や学校が始まり、1週間ほど経過しましたが、皆さん、体は慣れましたでしょうか?私は昔から長期の休み明けは体を元に戻すのが苦手で、戻るのにしばらくかかってしまうタイプです(汗)環境の変化に適応するのが苦手なのです。私のようなタイプの人は転職も要注意です。慎重に行動しないと私のようになってしまいます・・・。メンタル不調はなかなか治らないものです。皆さんも無理をしないように肉体面、精神面両方ともに気を配って健康に注意してくださいね。




今日は、砂糖についてのお話をしようと思います。今日、私がお話しするのは黒糖と白砂糖の違いです。普段、私達が使用している砂糖はおそらくほとんどが白砂糖だと思います。黒糖をわざわざ使用している人はそんなに多くはないと思います。今回はそんな黒糖について白砂糖との違いや含まれる栄養素の違いなどについて少しご紹介しようと思います。

 

目次
1.黒糖と白砂糖の違い
2.黒糖と白砂糖では栄養素がこんなにも違う!
3.黒糖は体に良い!?

1.黒糖と白砂糖の違い

まずは黒糖と白砂糖、両者で根本的に何が違うのか見ていきましょう。

 

<黒糖>

黒糖は、サトウキビを主原料としています。そのためショ糖などの糖分は砂糖の中では最も低いものになります。また白砂糖と比べて、不純物も多く含まれています。不純物と言っても体に悪いものではなく、主にカルシウムや鉄、亜鉛などの各種ミネラルが多く含まれていて、それが不純物と表現されているだけです。これらのミネラルが多く含まれているせいか渋味や苦味といった雑味も多く、カラメルのように甘みも強く感じられます。粉末状・固形状と様々な形態で販売されており、コーヒーや紅茶に入れたり、固形のまま口に含んで甘みを楽しんだりと様々です。

 

<白砂糖>

白砂糖は、ショ糖を主成分とし、水分と転化糖(ブドウ糖と果糖の混合物)をそれぞれ1%程度含んだ結晶状の白い粉末であり、日本で最も使用されているものです。黒糖に比べ、様々な過程を経て生成されるので、不純物は少なくなります。そのため黒糖のように独特な雑味がなく、様々な料理や飲料の調味料として無難に幅広く使用されています

 

2.黒糖と白砂糖では栄養素がこんなにも違う!

黒糖と白砂糖について、根本的に何が違うのか、簡単ですが何となく理解頂けたと思います。黒糖は白砂糖に比べて、ミネラルが豊富だと書きましたが、実際どのくらい違いがあるのか以下にまとめてみました。

 

栄養成分表示(100gあたり)

黒糖/白砂糖

熱量   :391 kcal/384 kcal

たんぱく質:0.3 g/0.0 g

脂質   :0.0 g/0.0 g

炭水化物 :97.5 g/99.2 g

食塩相当量:0.02 g/0.00 g

カルシウム:84 mg/1 mg

カリウム :270 mg/2 mg

リン   :7 mg/微量

鉄    :2.0 mg/微量

 

これは、私が購入した黒糖と白砂糖との比較ですので、購入する黒糖商品によっては比率が異なるかもしれませんが、おおよそこのような感じになっているのではないかと思います。ご覧のとおり、黒糖にはカルシウム、カリウム、リン、鉄などのミネラルが白砂糖と比べて比較的多く含まれていることが分かります。いずれも体内に必要な栄養素なので、同じ糖分を摂るにしても、「黒糖の方が体には良い」ということが言えそうです。しかし、いくら体に良いからといっても、やはり糖分に変わりはないので、摂り過ぎには要注意です。何でもそうですが過剰摂取は控えるようにしましょう。コーヒーや紅茶などを飲むときや、料理に使うとき、体のために白砂糖を黒糖に変えてみても良さそうですね。

 

3.黒糖は体に良い!?

では、黒糖は体にどのようなメリットをもたらしてくれるのでしょうか?一言で体に良いと言われても、どのような効果が期待されるのか気になるところですよね。一体どのような健康効果があるのか見ていきましょう。

 

<血圧低下、むくみの予防・解消>

黒糖にはカリウムが非常に多く含まれています。カリウムは摂り過ぎた塩分の排出を促進し、血圧を下げる効果が期待できます。

 

また、体の余分な水分を体外に排出する作用もあるので、むくみの予防や解消にも効果が期待されます。

 

<健康的な体づくりをサポート>

黒糖にはカルシウムも多く含まれています。カルシウムは丈夫な歯や骨を作るために必要やミネラルです。カルシウムが不足すると骨粗しょう症になってしまう可能性があります。歯や骨などの体を形成する部分を丈夫にして、より健康的で丈夫な体をつくるサポート役として期待できます。

 

<美容効果が期待される>

黒糖に含まれる「黒糖オリゴ」には美肌効果が期待できます。保湿力が強く、肌に潤いを与え、乾燥を防いだりかゆみを抑える作用があります。また、シミやそばかすを防ぐ効果も期待できます。

 

<腸内環境を良くする>

黒糖に含まれる「ラフィノース」という成分が、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。そうすることで、便秘を解消したり、消化を良くする効果が期待できます。

 

<貧血改善をサポート>

黒糖には鉄分も含まれています。鉄分は食べ物からなかなか補給しにくい栄養素だと言われています。黒糖を上手く飲み物や料理に活用することで、日常的に鉄分補給をサポートする役割を担ってくれます。

このように黒糖は、白砂糖と比べて、多くの栄養素が含まれています。そのため、私達の体に多くのメリットをもたらしてくれます。糖分の摂り過ぎは良くありませんが、ある程度は必要です。そこで白砂糖を黒糖に変えて摂取することで、より健康的に過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA